精神病んだ時期がありました【自律神経失調症】でも逃げた!

スポンサーリンク
語りゴト
この記事は約5分で読めます。


どうもこんにちはマロコです!(^^)/

タイトルのとおり、数年前に体調を壊して退職したことがありますので当時について話したいと思います。

現在、鬱や疲労感が半端ない方はぜひ参考にしてみてください。



スポンサーリンク

マロコ的ブラック企業の特徴その1「在籍する社員の年齢比率が変」


当時働いていたのは都内某所にある一般企業でした。
どこのどんな業種かは伏せておきますが、時代的にはオワコンな業種です。

それまでショップ店員としてアルバイトをしていた自分には初めての正社員でした。

営業部に配属されて晴れて女営業マンに。

先輩や上司たちはバブリー世代が多く、当時24歳だったマロコは貴重な20代営業マンでした。当時同世代の営業マンは4人だったかな。。30代が2人か3人くらいしかいなくて年齢の比率が変なの、とは思いましたが、これがミソでした。

若い世代がいない会社は間違いなくブラック(笑)

マロコ的ブラック企業の特徴その2「残業手当が鼻くそ」


営業マンには月給にみなし残業手当という手当がつきます。

当時たしか25,000円だった気がします。
これ、月に何時間残業したら発生するかは忘れましたが月に100時間残業しても同額の25,000円しかもらえません。

残業時間は人それぞれで持ってるクライアントによって仕事時間も変わってきます。

でも!

何時間残業しようが社内で決められた出勤時間は朝の8時半なんですw

昨夜の退社時間が深夜の3時でも絶対来なきゃならないのw


さすがに遅くまで残業した日は直属の上司から何時間か遅れて出勤してきていいよと承諾をもらっていたけど。。


でも隠れてタイムカード押してもらわないとフレックスは通用しなかったです。


マロコ的ブラック企業の特徴その3「むちゃくちゃな社訓」


週に一度、営業部で朝礼があります。

そこで社訓を北朝鮮みたいに合唱するんです。

いくつかあったのですが、中でも「とにかく売り上げを上げよう」は内心おいおいって思いました。

当時売り上げは良くなかったので、いつからこの社訓があったかは知りませんが、昭和な営業部にはこういった大変アバウトな社訓はつきものなのだろうか。

まぁ「死ぬ気で売り上げを上げよう」よりはいいか・・・(笑)


このあと勝手に死んでいくんですがね。

マロコ的ブラック企業の特徴その4「過度な残業時間」


マロコの残業時間は大体1日3時間〜4時間でした。

定時は5時半なのに退社時間は終電間際か、終電亡くなった時はタクシーでした。


酷い時は休みの日でもトラブルがあると出勤しなきゃならなくて。

もうね、22時過ぎるとやる気全然なくなるの。
キャパがオーバーオーバーで(笑)
目だって悪くなるの。「あ」っていう文字も、これ「あ」で良いんだっけっていう幻覚症状とかもよくあったので、メールの誤字脱字とかもありましたね。

大体10時以降になると残業してる人は限られてきます。

またあの人か、みたいな。マロコ以外にも超過労働はいましたが、オフィスで最後になることもちまちまありました。
表面上は頑張ってるね〜とかやってるね〜とか言われますがうるせーなほっとけって思いながらクライアントとやり取りしてました。

クライアントにスケジュール変更を毎度毎度要請してもなかなか残業は減らなかったですね。

月曜と金曜はタクシー帰宅多かったですね。

とまぁこんな生活をしていたら徐々に体に変化が出てきました。

ゲームオーバー自律神経失調症と告げられる


ある日の夕方、毎度のこと定時を過ぎても残業していたところ


その顔どうしたの!?

と、同僚にびっくりされたんです。
鏡見て!と言われ見ると・・・


おでこに蕁麻疹がwww

蕁麻疹なんて物心ついてからは初めてのことだったのでなんじゃこりゃー!!!!

て感じでしたが労働時間の過酷さを知ってる同僚曰く、アレルギーでもなければストレスかもよ、と。


極めつけは月曜の朝に電車内で失神を3度も

ここでやっと異常だわと自覚もあり心療内科のある自宅近くの病院へ。


カウンセリング?と問診と採血の結果、軽い鬱と自律神経失調症だと医者は判断しました。


心がぽっきり折れた


健康だけが取り柄だったので自分でも信じられなかったけど、環境に体はついていけなくなったいたんです。

会社に行く気はあったんですよ。まぁやらなきゃいけない仕事もあるからって理由だけど。

でも体はひーひー無理無理って言ってたんです。


上司からはクライアントを変えようという提案をもらいました。
でもそのクライアントの業務内容的には嫌いじゃなかったので、発症してから1年くらいは続けてましたね。

でも結局、こんな生活をあと何十年続けるのかと考えるとぞっとして、退職を決めることとなりました。

自分には何が出来るんだよ、と当時は悲観的になってました。


自分を認めるとラクになる


マロコ自身、根が真面目だったのでこんなんじゃダメだとか、なんて弱っちぃ人間だと落ち込みました。

ですが鬱になった方のブログを拝見して、私のように一度大きく心折れた人間は沢山いることに気付いて。


出来ないものはノーと言える強さ。
自分には出来なかったんだと認める強さ。



これを知ったらだいぶラクになりました。

もっと頑張ってる人はいる、なんて他人の説教はされた事こそありませんが自分で自分にそう説教して、また落ち込むの繰り返しでした。


そうじゃなくていいんです。

自分は自分です。
自分にできることをやれば良いんです。



まとめ


今は実家に戻って自活に向けて貯金中ですが、書いてて懐かしくなりました。


ブラック企業なんてこの世にたーくさんあります。

見極め方は正直言って入ってからでないと分からないことも多いです。
参考になるのはあとは企業評判が見られるサイトですかね。

ただ、若い世代が少ないのはけっこう分かりやすいです。
古臭いやり方に縛られてる可能性大です。

もしも体が出社を仕事を拒否してる場合は絶対に無理しないでください!

精神論でも無理なことは必ず存在します。

今苦しくて悩んでる人
一人じゃありませんよってことを伝えたいです。


以上!


独身日記ランキング にほんブログ村 OL日記ブログ 独身OLへ
にほんブログ村